HOME > 展示
展示

企画展
 
2021年 9月12日(日) 〜 10月24日(日)

渡辺隆次 胞子紋の世界展

渡辺隆次 胞子紋の世界展

◆ 第1展示室・・・
『渡辺隆次 胞子紋の世界展』
◆ 第2展示室 ・・・
『ケーテ・コルヴィッツ』
◆ 第3展示室 ・・・
『ミエチスラフ・コシチエルニアク』
◆ 第4展示室 ・・・
『渡辺隆次 胞子紋の世界展』



桑原浜子 安藤彩子 ふたり展
卵殻モザイク―四季折々

2020年 9月5日(土) 〜 2021年 8月30日(月)

◇ 第一期:2020年9月5日〜11月23日 併設:渡辺禎雄
◇ 第二期:2021年5月2日〜6月28日 併設:ケーテ・コルヴィッツ
第三期:2021年7月10日〜8月30日 全企画展示室:『ふたり展』




桑原浜子 安藤彩子 ふたり展
卵殻モザイク―四季折々

2020年 9月5日(土) 〜 2021年 8月30日(月)

◇ 第一期:2020年9月5日〜11月23日 併設:渡辺禎雄
第二期:2021年5月2日〜6月28日 併設:ケーテ・コルヴィッツ
◇ 第三期:2021年7月10日〜8月30日 全企画展示室:『ふたり展』

>>> 詳細はこちらをご覧ください <<<

安藤彩子 『春を迎えたあじさい』 2009年 卵殻モザイク
安藤彩子 『春を迎えたあじさい』 2009年 卵殻モザイク




過去の展示




常設展
 
 
ケーテ・コルヴィッツ
 
ケーテ・コルヴィッツ 詳細ページへ
ケーテは世界大戦の戦場で、息子を、そして孫を、亡くしました。「兵隊に行く」彼らを見送った母、祖母として、生涯、苦しみながらも作品に取り組み続けました。個人的な想いを、芸術家としての深い沈思の果てに作品として結晶させる行為は、人生に疲弊しつつも尚、創造し続けることで祈りを捧げているかのようです。 (第2展示室)
   
 
ミエチスラフ・コシチェルニアク
 
アウシュビッツの獄中、囚人として過酷な状況下にありながら、密かに生きる希望を託して屋根のブリキ版に彫りつけた銅版の作品。 原板のブリキ版も展示しています。 (第3展示室)
 
 

前のページに戻る このページのトップへ